はじめまして、CARINOです。
			CARINOはイタリア語で「可愛い」の意味。
私たちが作る農作物の代表選手は、玉ねぎ。
他より小粒で可愛いかもしれません。
何故か、は後ほど。
ただ、私たちは見た目が可愛いものを作ろうと
考えているワケではありません。
体に、心に自然と受け入られる食物。
本当に「愛されるべき」食物を丹精こめて作りたい。
そんな気持ちを表しています。 shopicon.png
命を作っています。
			人が健やかに生きるために、安心・安全な食物は欠かせません。
食物を健やかに育てるために、元気な土が欠かせません。
そして、その土も自らの力で生きているのです。
生命を奪う農薬を一切使わず、土本来の恵みで作物を育てること。
25年前私たちは、そこから始めました。
それは土を守るために、ハーブを植え虫を寄せ付けない。
独自の「ハーブ農法」と呼ばれる方法です。
いま、畑の土は自らの力で微生物のバランスを調整し、
元気な野菜たちを育ててくれるようになりました。
生きた土の恵みから、生き生きとした作物を生産し、人々の手へ。
私たちは、生命をいただき、生命をお届けしています。
自然の力と
			北海道・岩見沢市は
石狩川流域の農業地帯です。
昼夜の温度差が大きく日照時間が長い環境は、
おいしい農作物を生産するのに適しています。
そして、CARINOの工夫。
農薬を使わず苗の成長期には、ハーブエキスを使って害虫対策。
土や作物への養分には、自然素材の自家製肥料を与えています。 hokkaido.png shopicon.png
人の力
			畑に散布する水は雨水を使っています。
自然をあるがままに生かすために、
自然に存在するものの力を借りているのです。
ひとつだけ、人の力が必要なのが草取り。
除草剤を使わないため作物の生長とともに、
雑草もスクスクと育ってしまいます。
時期には、沢山の人の手を借りて草取りに励んでいます。
ちなみに刈り取った雑草も、畑の土に返し農作物の養分に。
大きな玉ねぎは穫れません。
例えば、CARINOの作る玉ねぎは、
残念ながら農薬や肥料を使用する玉ねぎのように、大きくはなりません。
まず一度、生のままで食べてみてください。
玉ねぎ本来の美味しさと、きっと出会えるはずです。
小粒でも、味がギュッと詰まっています。
あ、できれば水もさらさずに。
身体に良い辛味成分が、水に溶けて流れてしまうの shopicon.png
狩野自然農園(ナチュラルファーム カリーノ)
〒068-0016
北海道岩見沢市稔町843-12
狩野自然農園(ナチュラルファーム カリーノ)
電話:0126-24-1342
FAX:0126-22-4201
e-mail:info@f-carino.jp